1. 格安スマホちゃんねるTOP
  2. 格安SIMから探す
  3. その他おすすめの探し方
  4. ≫ au回線の格安スマホ・格安SIMを徹底比較!auユーザーにおすすめの3社をご紹介!

au回線の格安スマホ・格安SIMを徹底比較!auユーザーにおすすめの3社をご紹介!

auユーザーにおすすめの格安SIMは?

この記事では、auの回線を使っている格安スマホをご紹介します!いまauを使っている人なら面倒な手続き不要で簡単に乗り換えができます!乗り換えるためのポイントと合わせてご説明するので、auユーザーの方はぜひチェックしてみてください!

1. au回線を使っている格安SIMを選ぼう!

格安SIMはキャリアと同じ回線を使っている

docomo・au・Softbankなどの大手キャリアと異なり、格安SIMは独自の通信回線を持っていません。格安SIMは大手キャリアから通信回線を借りて、格安で私たちに提供してくれているんです。

 

また、どこのキャリアから回線を借りているかは格安SIM会社によって違います。多くの格安SIMサービスがありますが、ほとんどdocomoの通信回線を使っており、auとSoftBankはほんの数社しかありません!ここで注意したいのが「SIMロック」です!

 

キャリアで購入した端末には、そのキャリアの回線でしか使えないように「SIMロック」がかかっており、例えばdocomoで購入した端末ならdocomoの回線でしか使えない仕組みになっています。これはiPhoneでも同様です。

イッチ
この「SIMロック」は解除することができますが、面倒なので、できれば無しで進めたいところ...

auユーザーが面倒な「SIMロック」解除をしなくても乗り換えるには『au回線を使っている格安SIM』を選ぶことをおすすめします!いま使っている端末をそのまま格安スマホとして使うことが可能です!

 

2. auユーザーはSIMロック解除不要!

au回線を使っている格安SIMは少ないですが、だからと言ってSIMロック解除をする必要はないと思います。その分、サービス品質も高く、価格もお手頃な人気の格安SIMが揃っています!

 

CMでもお馴染みの「UQモバイル」や「mineo(マイネオ)」、さらには老舗ブランドである「IIJmio(みおふぉん)」など、有名なブランドがau回線を使っているんです!選択肢が少ないので「どれにしようか?」と、そこまで頭を悩ます心配も無さそうです。

 

もし「楽天モバイル」や「LINEモバイル」「OCNモバイルONE」など、docomo回線を使っている人気の格安SIMが使いたい方はSIMロック解除をすれば、基本的に使えるようになりますが...わざわざする必要も無いでしょう。

 

au端末のSIMロック解除の方法はこちら

 

3.『UQモバイル』安定の通信速度が嬉しい!

UQモバイルロゴ

料金プラン名称 月額基本料金 月間データ容量 通信速度
データ高速プラン 980円 3GB 受信最大:150Mbps
送信最大:25Mbps
データ高速
+音声通話プラン
1,680円
データ無制限プラン 1,980円 無制限 送受信最大:500kbps
データ無制限
+音声通話プラン
2,680円
料金プラン名称 月額基本料金 月間データ容量 無料通話分
ぴったりプランS 1,980円 2GB 無料最大60分/月
(2,400円分)
おしゃべりプランS 5分以内の国内通話が
何度でも無料!!
ぴったりプランM 2,980円 6GB 無料最大120分/月
(4,800円分)
おしゃべりプランM 5分以内の国内通話が
何度でも無料!!
ぴったりプランL 4,980円 14GB 無料最大180分/月
(7,200円分)
おしゃべりプランL 5分以内の国内通話が
何度でも無料!!

 

「UQモバイル..だぞっ!」のCMでお馴染みですが、なんと言っても通信速度には定評があります。他社と比較しても、そのスピードは群を抜いていると言ってもいいでしょう。当サイトで計測しましたが、トップクラスのスピードを見せてくれました。キャリアと変わらない通信速度を誇ります。

驚きの結果...UQモバイルの通信速度を測ってみた

 

基本的にデータ容量3GBですが、500kbpsと低速通信だけど使い放題のプランがあるのと、UQモバイルにはキャリアのようにデータ通信量+無料通話分がコミコミになったお得なプランがあります!使い方に合わせて料金プランを選べるのは嬉しいですね。

 

SMSも無料で使うことができ、街中の特定の公衆無線LANサービスも無料です。テザリングも無料で使えるなど、オプションも充実しており、auユーザーの乗り換え先の第一候補間違いなしの格安SIMと言えます。

 

UQモバイルを徹底解説!メリット・デメリットや申し込み方法・手順まとめ

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
980円〜 au ★5
(5.0)

4.『mineo』豊富なプランとサービスが◎!

マイネオ

データ容量 データ通信のみ
(シングルプラン)
データ通信+090音声通話
(デュアルプラン)
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

 

関西電力の子会社であるケイ・オプティコムが運営する「mineo(マイネオ)」は、docomoとauの2つの回線を持っている業界的にも珍しい格安SIMサービスです。ユーザー満足度が高く、いま注目を集めている格安SIMの1つです。

 

料金プランは幅広く500MBから30GBまでの7段階があり、使い方に合わせて少量から大容量プランを選べます。もし余ったとしても、データ容量は翌月に繰り越せる他、家族でも共有できる「パケットシェア」や、mineoユーザーなら誰とでも分け合える「パケットギフト」など、データ通信量を無駄なく活用でき効率がいいです

 

みんなで貯めたデータ通信量を共有して使える「フリータンク」や、mineo専用SNS「マイネ王」など、他社とは違った独自サービスで売り出しているのもポイント!音声プランでも解約金がない点や、長期利用者への特典があるのも見逃せません。

 

mineoを徹底解説!メリット・デメリットや申し込み方法・手順まとめ

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
700円〜 docomo
au
★5
(5.0)

5.『IIJmio』老舗格安SIMで人気が高い!

IIJmio(みおふぉん) ロゴ

データ容量 SMS付きデータSIM 音声通話対応SIM
3GB 900円 1,600円
6GB 1,520円 2,220円
10GB 2,560円 3,260円

 

IIJmioは、音声通話付きるプラン「みおふぉん」という呼び名でも親しまれている格安SIMで、MMD研究所による「格安SIMサービス満足度総合第1位」をはじめ、さまざまな調査においてユーザーから高い満足度を獲得しています。

 

選べるデータ容量は3GB、6GB、10GBの3種類で、あとは音声通話をつけるかどうかを決めるだけと、複雑になりがちな格安SIMプランの中でもわかりやすくなっています。初めて格安SIMへ乗り換える人は、いろいろと頭を悩ませずにすみそうですね。高速データ通信と低速データ通信をユーザーが自由に切り替えられるので、1カ月間のデータ容量の調整ができる点も大きいです。

 

また、au系の格安SIMの中では唯一「シェアSIM」に対応していて、1契約で複数のSIMカードを持つことができます。夫婦や親子など、家族で乗り換える際に利用すると、別々で契約するよりも低価格で購入できるなどうまく活用すればさらなる節約に繋がります!

 

データ通信量にばらつきがある人のために、余ったデータ通信量に応じた割引を毎月してくれる「エコプラン」も見逃せません!

 

IIJ mioを徹底解説!メリット・デメリットは?

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
900円〜 docomo
au
★4.5
(4.2)

 

6. さいごに

auユーザーの方におすすめの格安SIMをご紹介しましたが、いかがでしたか?3社しか無いにしても、それぞれに特徴があり悩んでしまうかもしれませんね。

 

そんな時は、まずは自分が使うデータ容量から決めてみましょう!同じデータ容での月額料金を比較して、安さで選ぶのが1番手っ取り早いです。そのあとで、かけ放題や繰り越しサービスなどの欲しい機能やオプションがあるかを調べていけば、自然に絞られていくでしょう!

 

まずは気になる格安SIMの公式HPを見るのも良いですが、当サイトで3社に関して詳しく解説しているので、それぞれの解説ページを是非チェックしてみてください!中でもUQモバイルは特におすすめです!

 

UQモバイルを徹底解説!メリット・デメリットや申し込み方法・手順まとめ

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
980円〜 au ★5
(5)

関連キーワード :