1. 格安スマホちゃんねるTOP
  2. 格安SIMから探す
  3. 格安SIM会社(MVNO)から探す
  4. ≫ 【LINEモバイル】申し込みに必要なもの徹底解説!店舗・ウェブ対応!

【LINEモバイル】申し込みに必要なもの徹底解説!店舗・ウェブ対応!

【LINEモバイル】店舗・ウェブ申し込みに必要なものTOP画像

LINEモバイルの店舗申し込み・ウェブ申込みに必要なものを、徹底的に解説したいと思います!初めて格安SIMを利用する方もコレを見れば大丈夫!

1. 「LINEモバイル」申し込みに必要なもの

LINEモバイルの申し込みに必要なものは以下の4つです。ただ、完全に新規申し込みの場合や電話番号を変えて乗り換える方は、MNP予約番号が必要ありません。

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • MNP予約番号

これらに加えて、申し込みの手数料3,000円が無料になるエントリーパッケージいとうものを用意すると初期費用が抑えられるので、おすすめです。

 

端末をまだ持っていないという方は、LINEモバイルでSIMの申し込みとセットで購入するのがおすすめです。端末割引キャンペーンやセット購入でしか入れないオプションもありますよ!

店舗とウェブで必要なものは違うの?

店舗申し込みもウェブ申し込みも必要なものは同じで、「本人確認書類」「クレジットカード」「メールアドレス」「MNP予約番号」の4つです。

 

2. 本人確認書類

申込者を確認するための書類になります。店舗申し込みの場合は書類の原本を持参します。ウェブ申し込みの場合は、原本をカメラやスキャナーで撮って画像としてアップロードして提出します。

 

本人確認書類一覧

本人確認書類として利用できる書類は以下のとおりです。"+補助書類"とあるものは補助書類もセットで提出する必要があります。

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明証
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険証+補助書類
  • 届出避難場所証明証
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード

本人確認書類の詳細

●運転免許証

1 『運転免許証』の裏側に変更の記載がある場合、公印があること

 

2 『運転免許証』は日本国政府発であること(国際免許証不可)

●運転経歴証明書

1 『運転経歴証明書』の発行日が平成24年4月1日以降であること

 

2 『運転経歴証明証』の裏側に変更の記載がある場合、公印があること

●日本国パスポート+補助書類

1 『日本国パスポート』は"顔写真ページ"・"所持記入欄"どちらも必要

 

2 『日本国パスポート』は日本国政府発行であること

 

3 登録/記入した『お客様情報』と『日本国パスポート』の"所持記入欄"・"顔写真ページ"に記入されている氏名・住所・生年月日が一致していること

 

※所持記入欄がローマ字記載の場合のみふりがなと読みが一致していれば本人確認OKとする(記載なしはNG)

●在留カード

1 『在留カード』は裏面の記載有無にかかわらず裏面の画像が必要

 

※在留カードに記載されている氏名と申請した氏名に相違があり、確認の電話がかかってくる場合があります。在留カードに記載されている表記方法と同一の申請をするように注意しましょう。

●特別永住者証明証

1 『特別永住者証明証』は裏面の記載にかかわらず裏面の画像が必要

●住民基本台帳カード

1 『住民基本台帳カード』は顔写真付きのもののみ有効

 

2 『住民基本台帳カード』は裏面に変更の記載がある場合、公印があること

●健康保険証+補助書類

1 カード型の『健康保険証』で裏面に住所の記載がある場合は裏面の画像も必要

 

2 紙型の『健康保険証』は申込者が被扶養者の場合、被扶養者名が記載されているページの画像も必要

 

※有効期限の記載のない『健康保険証』も利用可能

補助書類一覧

  • 公共料金領収書
  • 住民票

補助書類の詳細

補助書類として利用できる書類は下記の通りです。

●公共料金領収書

1 発行日より3ヶ月以内で、現住所が記載されていること

 

2 電気、都市ガス、水道の領収書であること(プロパンガスの領収書は対象外)

 

3 領収書印(領収書日付または発行年月日の記載)があること、または、口座振替が証明できる記載があること

 

4 本人確認書類の名義と同じであること。公共料金領収書が家族名義のものは対象外です。

 

※口座振替の場合には、口座振替済みの記載があるもの(口座振替済通知書)に限ります。

●住民票

1 発行日より3ヶ月以内で現住所が記載されていること

 

2 マイナンバーの印字がされていないこと

注意すること

●提出する本人確認書類や補助書類と申し込み時に入力する「氏名」・「住所」・「生年月日」に違いがないように注意しましょう。

 

●本人確認書類や補助書類には、有効期限が切れていないか確認しましょう。

 

●本人確認書類や補助書類の顔写真に、黒ずみ・マスキング等がないか確認しましょう。

 

●ハレーションという光の映り込みなどで、記載されている「氏名」・「住所」・「生年月日」が確認できず、申し込みがキャンセルとなる事例が多いそうです。アップロード前に確認しましょう。

 

●書類に記載の住所が最新でない場合は『補助書類』が必要になります。

3. クレジットカード

LINEモバイルの支払いには、「クレジットカード」「LINE Pay」「LINE Pay カード」が利用できます。

 

口座振替には対応していませんが、「LINE Pay」と「LINE Pay カード」を組み合わせることで実質の口座振替にすることができます。

 

LINEモバイルの支払いを口座振替にする方法!

クレジットカード

国内で発行されたクレジットカードであれば利用できます。「JCBカード」「セゾンカード」「ジャックスカード」など様々なカードが利用できます。

LINE Pay

LINE Payは、LINE Payカードや銀行口座と紐付けたり、コンビニ・ATMで気軽にチャージしたりと様々な方法でチャージして使える送金・決済サービスです。

 

全国のコンビニや家電量販店、ファミリーレストランはもちろん、ゾゾタウンなどのネットショッピングでも利用することができます。使うたびに2%ポイントも貰えるのでとってもお得です。

LINE Pay カード

LINE Pay カードはLINE Payと紐付けて、銀行口座やコンビニなどでチャージして利用できるカードです。

 

LINE Payをカード状にしたものとしての認識で大丈夫です。

 

4. メールアドレス

LINEモバイルの申し込みには、契約完了メールを受け取るためのメールアドレスが必要になります。

 

キャリアで使用していたメールアドレスは、キャリアの解約と同時に利用できなくなるので、Gmailやヤフーメールを利用しましょう!

 

5. MNP予約番号

今お使いの電話番号を変えずに、携帯会社を変える場合にはMNP予約番号というものが必要になります。

 

MNP予約番号は、乗り換え前の携帯会社で簡単に発行することができるのですが、MNP予約番号には、発行当日を含め15日の有効期限があるので注意してください。

 

ウェブ申し込みでLINEモバイルに乗り換える場合、MNP予約番号が10日以上残っている必要があります。店舗申込みの場合は1日以上残っていれば大丈夫です。

 

例えば、docomoからLINEモバイルに乗り換える場合、docomoでMNP予約番号を取得してから、5日以内にLINEモバイルに申し込みを行う必要があります。

 

6. エントリーパッケージ

エントリーパッケージはなくてもLINEモバイルに申し込むことはできます。ただ、エントリーパッケージを利用して申し込むと、契約事務手数料3,000円が無料になります。

 

エントリーパッケージは、Amazonや楽天で販売されており、1,000円ほどで購入できます。

 

エントリーパッケージを利用する際の注意点として、音声通話SIM用とデータ通信SIM用のエントリーパッケージがあるので、間違えないようにしましょう。

 

また、申し込みの書類に不備があり申し込みに失敗すると、エントリーパッケージは使用済みになってしまうので、注意してください。

 

7. 必要なものが揃ったら申し込もう!

申し込みに必要なものが揃ったら早速、申し込みましょう!申し込みの簡単な流れを解説します。

申し込みの流れ

1 契約するプランやオプションを選ぶ

2 公式サイトの「申し込む」をタップ

3 契約者やクレジットカードの情報を入力

4 本人確認書類をアップロード

5 SIMカードが送られてくる

6 端末にセットして、開通手続き

7 APN設定を行い完了

8. さいごに・・・

いかがでしたか?今回はLINEモバイルの申し込みに必要なものをご紹介しました。

 

LINEモバイルは、LINEやインスタグラム・ツイッター・フェイスブックでのデータ通信がカウントフリーになるプランがあるので、SNSが手放せない方にとってもおすすめです。

 

キャリアから乗り換えてもキャリアのときのように使える「かけ放題オプション」や「持込端末保証オプション」なども用意されているので、乗り換えても安心です!

 

詳しい申し込み方法は下記記事で、ていねいに解説しているのでチェックしてみてください!

 

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
500円〜 docomo ★4.5
(4.5)

関連キーワード :