1. 格安スマホちゃんねるTOP
  2. 格安SIMから探す
  3. 格安SIM会社(MVNO)から探す
  4. ≫ ちょっと待った!OCNモバイル乗り換え前の注意点!申し込み前に確認しよう!

ちょっと待った!OCNモバイル乗り換え前の注意点!申し込み前に確認しよう!

ちょっと待った!OCNモバイルに乗り換える前に確認する注意点!TOP画像

OCNモバイルに乗り換えた後に、「こんなはずじゃなかった・・・」とならないように、乗り換える前に確認したい注意点や解決策をまとめました!是非参考にしてみてください!

1. OCNモバイルは通信速度が遅い?

イッチ
OCNモバイルなどの格安SIMはdocomo・au・SoftBankなどのキャリアと比べると通信速度が遅いです。

しかし、実際にOCNモバイルを使ってみると分かるのですが、キャリアと比べても違いがわからないほどの違いです。

 

さらにOCNモバイルはたくさんあるdocomo回線の格安SIMの中では、最速クラスの通信速度なので、通信速度を気にする必要はありません!

 

2. 利用料金が高額になる使い方がある

月額料金+オプション編

キャリアを使っていたときに何時間電話しても通話料金が一定の「かけ放題プラン」を使っていた方は、注意が必要です。

 

格安SIMにはかけ放題プランというものがそもそもないので、数時間も通話をするような方はキャリアの方が安くなります。

 

ただ、OCNモバイルには、通話料金が30秒20円の通話料金が半額になる通話専用アプリ「OCNでんわ」や、10分以内の通話が誰にでも何度でもかけ放題になる「かけ放題オプション」が用意されていますし、LINEやKakao Talkを代用すれば何の心配も要りません。

 

プラン編

コース名 データ容量 音声対応SIM データ専用SIM 通信速度
日単位コース 110MB/日 1,600円 900円 150Mbps
170MB/日 2,080円 1,320円
月単位コース 3GB/月 1,800円 1,100円
6GB/月 2,150円 1,450円
10GB/月 3,000円 2,300円
20GB/月 4,850円 4,150円
30GB/月 6,750円 6,050円
500kbpsコース 15GB/月 2,500円 1,800円 500kbps

※データ専用SIMにSMS(ショートメッセージサービス)を付ける場合、120円追加の支払いになります。


OCNモバイルONEの料金は、日単位コースと月単位コース、500kbpsコースの3つがあります。500kbpsコースは、500kbpsの通信速度で月に15GBまで使用できるコースです。

 

おすすめは3GBなのですが、OCNモバイルONEの3GBプランは割高なので日単位コースの110MB/日コースがおすすめです。

 

110MB/日コースは使用できるデータ容量を月あたりに換算すると、月3.3GB使えることになるので、3GBコースよりお得です!

 

テザリングを行う場合は、データ通信量を必要とするのでなるべく大容量プランを選ぶ音をおすすめします。

オプション編

オプション名 音声対応SIM データ専用SIM
10分かけ放題 ◯:850円 ×
OCNでんわ ◯:無料 ×
050 plus ◯:無料 ◯:150円
安心保証 ◯:500円 ×
マイセキュア ◯:250円 ◯:250円
あんしんモバイルパック ◯:640円 ◯:640円
国際電話 ◯:無料 ×
留守番電話 ◯:300円 ×
キャッチホン ◯:200円 ×
転送電話 ◯:無料 ×
迷惑電話 ◯:無料 ×
SMS拒否 ◯:無料 ×
遠隔操作 ◯:無料 ×
着信通知 ◯:無料 ×
英語ガイダンス ◯:無料 ×
公共モード ◯:無料 ×

OCNモバイルONEでは、無料で利用できるオプションが多いですが、有料オプションは他社と比べて若干高めなので注意してください。

 

データSIMの場合、OCNモバイルONEの強みである電話系オプションが利用できないので注意してください!

 

3. OCNモバイルでは使えない端末がある?

OCNモバイルでは、docomo回線なのでdocomoで購入したdocomo版端末であれば、SIMロックを解除する必要なく使うことができます。

 

Apple StoreやOCNモバイルのような格安SIM会社(MVNO)で購入した端末は、SIMフリー端末なので、そのまま使用することができます。

 

au版やSoftBank版で購入した端末は、SIMロックを解除することでOCNモバイルONEを使用することができます。

 

また、テザリングを行いたい方は条件が複雑になるので、後ほどご紹介します。

 

OCNモバイルONEで購入できるおすすめの端末をご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

4. テザリングができない?

OCNモバイルは機種や購入元によりますが、基本的に無料でテザリングが利用できます。その条件を詳しくご紹介します。

機種 SIMフリー版 docomo版 au版 SoftBank版
Android端末 × × ×
iPhone

※iPhone 6 Plus、iPhone 6以前のau版・SoftBank版のiOS端末は、SIMロックが解除できないので、テザリングも使えません。


OCNモバイルONEは、docomo回線を使用しているためdocomo購入のAndroid端末は、テザリングが可能かと思いきや、残念ながらできません。

 

au・SoftBank版のAndroid端末もテザリングができないため、テザリングを行いたかったらOCNモバイルONEやネットショップでSIMフリー版の端末を購入する必要があります。

 

iOS端末のiPhoneはSIMフリー版はもちろん、docomo版・au版・SoftBank版で問題なく使用できます。

 

テザリングでパソコンやタブレットに電波を送るときは、スマホより通信速度が出ないので注意が必要です。

 

スマホで50Mbpsの通信速度が出ていても、接続したパソコンでは50Mbpsの通信速度は出ないということです。

 

5. 最低利用期間と違約金がある

少し気が早いかもしれませんが、OCNモバイルONEを解約するときのために、最低利用期間と違約金について知っておきましょう。

 

データSIMの場合、最低利用期間や違約金はありません。しかし、音声通話SIMを利用する場合、定められた期間はSIMを使用しないと違約金(解約金)が請求されます。

 

キャリアで言う"縛り"という期間ですが、利用開始月を1ヶ月として6ヶ月目までがOCNモバイルONEの最低利用期間です。

 

違約金(解約金)は、最低利用期間内に解約した場合8,000円が請求されます。

 

OCNモバイルで使用していた電話番号を他社でも使うことができるMNP乗り換えですが、MNP転出を行う場合、MNP転出手数料として3,000円請求されます。

 

解約時の請求ですが、通常の解約もMNP転出での解約も日割り計算ではなく、月末締めとなるので、覚えておいてください。

 

6. 初期費用や必要なものは?

初期費用

OCNモバイルに乗り換えるのにかかる初期費用(登録事務手数料)は、初期工事費用
(パッケージ費用)の3,240円とSIMカード手配料の425円がかかります。

 

初期工事費用(パッケージ費用)ですがOCNモバイルの公式サイトで購入せずに割引価格で販売されているAmazonで購入すれば、200円ほどで済みます。とってもお得です!

 

必要なもの

OCNモバイルに乗り換えるために必要なものは、以下の5つです。

●パッケージ

●本人確認書類データ

●クレジットカードまたは銀行口座

●メールアドレス(キャリア以外のもの)

●MNP予約番号(データSIMの場合は不必要)

これらがそろっていれば、スムーズに乗り換えることができます。

 

7. 複数契約する場合は注意!SIM追加がおすすめ!

OCNモバイルONEは、同一名義による複数回線の契約ができません。

 

そのため、SIMカードを追加で利用したくなったら、SIMカードを追加して使うような形になります。

 

 

SIMカードを追加する方法としては、2つ方法があり、①「別々の回線として」利用する方法と、②「複数枚分を1契約として」利用する方法があります。

 

①別々の回線としてSIMを追加する場合は、SIMカード一枚ごとに3,150円かかります。

 

②複数枚分を1契約としてSIMを追加する場合は、2枚目以降1枚毎に1,890円かかります。月額費用は追加したSIMカード一枚につき472円かかります。

 

②の場合、SIMカードは最大で4枚まで追加することができます。

 

※SMS付きのSIMカードを追加する場合は、126円プラスでかかります。


家族や友人とデータ容量をシェアして使いたい方には、とってもおすすめですが、かかる料金が少し複雑なので注意してください。

 

8. 解約時の注意点まとめ

OCNモバイルONEの解約方法は「OCNマイページ」から解約手続きを行うのですが、解約後にSIMカードの返却が必要です。

解約に必要なもの

OCNモバイルONEの解約に必要なものは以下の4点です。

●SIMカード

●お客様番号

●認証ID

●認証パスワード

SIMカード以外はOCNモバイルに契約したときに、契約の手続きの中で表示されますし、もし忘れたらマイページから確認することができます。

SIMカードの返却先

SIMカードは、下記住所に返却する必要があります。メモ用紙などの台紙にセロテープなどで貼り付け、封筒に入れ、切手を貼って返却します。

〒143-0006

住所:東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A2棟

宛名:住友倉庫内「OCN SIMカード回収係」行

 

9. OCNモバイルの次に契約できなくなるMVNOがある

OCNモバイルONEに音声通話SIMで契約して、OCNモバイルONEからまた他の格安SIMにMNP乗り換えをする場合、乗り換えることができない格安SIM会社(MVNO)があります。

 

というのも、OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営する会社なので、同じNTT系列の会社はライバル企業ということになります。

 

そのため、下記格安SIM会社(MVNO)からOCNモバイルONE、OCNモバイルONEから下記サービスにはMNP乗り換えすることができませんのでご注意ください。

●NTTコミュニケーションズ株式会社:「OCNモバイルONE」

●NTTPCコミュニケーションズ株式会社:「Master’sONE」

●株式会社NTTぷらら:「ぷららモバイル」

●株式会社ニフティ:「NifMo」

●株式会社グローバルトラストネットワークス:「GTN MOBILE」

●株式会社サンライズ:「Sun-Netモバイル」

●株式会社朝日ネット:「ANSIM(アンシム)」

●株式会社日友インターナショナル:「Musashi Mobile」

●ジャパンモバイル株式会社:「J⋅mobile」

●有限会社ウィル:「ハルモバイル」

●株式会社坊っちゃん電力:「坊っちゃん電力のSIMカード」

●大一ガス株式会社:「大一でんわ」

●ネクストパワーやまと株式会社:「やまとモバイル」

●株式会社MEモバイル:「カシモ」

●株式会社ファーストテレコム:「J1mobile」

●株式会社静岡新聞社:「@Sモバイル」

しかし、データSIMを使っている方や音声通話SIMでもMNP乗り換えをしなければ、そういった縛りがかからないので、あまり心配する必要はないようです。

 

10. さいごに・・・

いかがでしたか?

 

この記事ではOCNモバイルに乗り換える前に確認する注意点をご紹介しました。OCNモバイルは、他の格安SIMと比べて料金もサービスも抜群にいいので、おすすめです!

 

今回紹介した注意点を知っておけば、もう何も怖いものはありません!公式サイトから申し込んでみましょう!

 

詳しい申し込み方法は、下記リンク先で詳しく紹介しています!

 

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
900円〜 docomo ★5
(5)

関連キーワード :