1. 格安スマホちゃんねるTOP
  2. 格安SIMから探す
  3. 格安SIM会社(MVNO)から探す
  4. ≫ 【mineo】Dプラン・Aプラン徹底比較!実際に通信速度を測ってみたよ!

【mineo】Dプラン・Aプラン徹底比較!実際に通信速度を測ってみたよ!

  • 最終更新日:2018年4月20日

mineo Dプラン Aプラン どっちが早い?

mineo(マイネオ)には、docomo回線のDプランとau回線のAプランがありますが、一体どちらの方が良いのでしょうか?両プランの料金や特徴の比較に加えて、通信速度を朝・昼・夜の3回に分けて計測しました!

1. mineo(マイネオ)には2つ回線がある!

イッチ
どちらも契約しちゃいました!

mineo(マイネオ)は業界的にも珍しいマルチキャリア対応の格安SIMです。docomo回線を利用したDプランと、au回線を利用したAプランの2つがあり、それぞれ利用している回線が違います。

★Dプランとは?

Dプランはdocomoの通信回線の一部を使用するプランでdocomoのDを取ってDプランと名付けています。

 

データ容量は500MBから30GBあり、通信速度は受信最大:225Mbps、送信最大:50MbpsでAプランと比較すると送信通信速度が2倍になっています。

 

Dプランはdocomo回線を使用しているので、docomoで購入したスマホをお使いの方はSIMロック解除を行わなくてもそのまま使えます。

 

DプランはLTEに加え3Gでもデータ通信が利用できるので、比較的古いスマホもmineoを利用することができます。

 

iPhone 5c,iPhone 5s以降の端末であれば、テザリングが問題なく行えます。また、Android端末はテザリング対応端末であれば、基本的に利用できます。

 

【実測】mineoの通信速度って他のSIMと比べるとどうなの?

★Aプランとは?

Aプランは、auの通信回線の一部を使用するプランで、auのAを取ってAプランと名付けています。

 

データ容量はDプランと同様の500MBから30GBの展開で、通信速度は受信最大225Mbps、送信最大25Mbpsとなっています。

 

Aプランは、au回線を使用しているので、auで購入したスマホをお使いの方は、SIMロック解除を行わなくてもそのままスマホを使えるので、Aプランがおすすめです。

 

またAプランは、3Gデータ通信に対応していないのでLTEに対応していない2013年以前のスマホは利用できません。

 

テザリングに関していうと、iPhoneはテザリングができません。Android端末は基本的に使用することができるようになっています。

 

2. DプランとAプランの料金比較一覧

月額基本料金比較

docomoプラン auプラン
データ容量 シングルタイプ
デュアルタイプ
シングルタイプ
デュアルタイプ
500MB 700円 1,400円 700円 1,310円
1GB 800円 1,500円 800円 1,410円
3GB 900円 1,600円 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,280円 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,220円 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,680円 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,600円 5,900円 6,510円

【シングルタイプ】:データ通信のみ 【デュアルタイプ】:データ通信+音声通話


月額料金はDプラン・Aプランともに500MBから30GBまで幅広く提供しています。

 

デュアルタイプのみ約90円ほど違いがあります。年間でも1,000円ほどしか変わらないので月額料金は気にしなくても良さそうです。

電話オプション料金比較

オプション Dプラン Aプラン
迷惑電話の拒否 無料 100円/月
留守番電話 300円/月 300円/月
転送電話 無料 無料
割込電話 200円/月 無料
番号通知 無料 無料
ボイスメール 無料
三者通話 200円/月

Dプランはいたずら電話を防止する迷惑電話の拒否が無料でできます。それに対してAプランは通話中でも第三者からの電話に出られる割込電話サービスが無料です。

 

基本料金にほぼ違いはありませんでしたが、「迷惑電話の拒否」や「割込電話」、「三者通話」などを使おうと思っている方は両プランの料金を比較した方が良さそうです。

SMS送信料比較

SMS送信料金 Dプラン Aプラン
日本国内で送信 3~30円/通 3円/通
日本国内で受信 無料 無料

DプランはSMS送信する文字数によって1通あたりの送信量が3~30円まで変わります。それに対してAプランはSMS送信料は一定の金額で3円です。

 

3. 実験!通信速度はどっちが速い?速度比較!

通信速度 Dプラン Aプラン
受信最大 225Mbps 225Mbps
送信最大 50Mbps 25Mbps

Dプランの通信速度は、受信最大:225Mbps、送信最大:50Mbpsで、Aプランの通信速度は受信最大:225Mbps、送信最大:25Mbpsとなっています。

 

mineoは、docomoとauの2つの回線を使っているので通信速度はそれぞれ違います。

 

今回はDプランとAプランのそれぞれのプランで、通信回線が混むと言われている朝(8時~10時)、昼(12時~13時)、夜(18時~20時)の3つの時間帯で、通信速度を計測してみました。

 

場所は新宿で、平日に計測しました。通勤時間・お昼休み・帰宅時間の全ての時間帯で、多くの人がスマホを使うので回線は混み合っていると言えます。

バトル①:朝・通勤時間

mineo 朝 通信速度

項目 Dプラン
Aプラン
下りスピード
(ダウンロード)
38.07 Mbps 66.17 Mbps
上りスピード
(アップロード)
2.26 Mbps 5.48 Mbps
ping
(応答速度)
46 ms 54 ms

いわゆる"通勤ラッシュ"と言われる時間に計測してみましたが、結果としてはAプラン(au回線)の方が良いパフォーマンスを発揮してくれました。Aプランは下りスピードも、上りスピードもキャリアに匹敵するほどの通信速度が出ています!

 

また「ping」とはサーバーとの応答時間を表す数値で、低い方ほど反応速度が速いことを意味しています。こちらはどちらも同じような数値が出ました。

 

ちなみにDプラン(docomo回線)は決して遅いわけではありません!動画の視聴などのデータ容量の大きい通信でも十分可能な通信速度を見せてくれました。

バトル②:昼・お昼時間

mineo 昼 通信速度

項目 Dプラン
Aプラン
下りスピード
(ダウンロード)
0.26 Mbps 0.20 Mbps
上りスピード
(アップロード)
3.32 Mbps 1.37 Mbps
ping
(応答速度)
850 ms 102 ms

格安SIMの鬼門である、いわゆる"ランチタイム"の結果はご覧の通りです...どちらも朝の結果に比べると、スピードはかなり落ちていることがわかります。

 

下りダウンロード速度はどちらも1Mbpsに届かず、上りアップロード速度に関しても、腕を振るわない結果となりました。極めつけのping値はどちらも3ケタで、Dプランに関しては「850ms」という残念な数値が出てしまいました...

 

通信速度はDプランのほうが速かったですが、ping値を考慮すると、お昼の対決はAプランの勝ちですね。

バトル③:夜:帰宅時間

mineo 夜 通信速度

項目 Dプラン
Aプラン
下りスピード
(ダウンロード)
1.02 Mbps 0.42 Mbps
上りスピード
(アップロード)
4.86 Mbps 4.37 Mbps
ping
(応答速度)
85 ms 88 ms

最後は"帰宅ラッシュ"と言われる時間帯です。結果としては、昼よりは速くなったけど...いまいちと言ったところでしょうか。

 

上りスピードは問題ない数値がでましたが、下りスピードは持っている実力を発揮できずに終わってしまいました。ping値も2つとも80台なので、お世辞にも良い結果とは言えませんでした。

 

朝・昼とAプランに負けてしまいましたが、夜の時間帯に関してはDプランに軍配が上がりそうです。

★mineoの通信速度の総評

通信速度だけを考えるのならば、Aプランを選んだ方が良いでしょう。そもそもdocomo回線よりも、au回線のほうが通信速度に定評があります。

 

また、mineoは他社格安SIMサービスと比べて、特別速くもなく、遅くもない、普通の通信速度が出ます。何をするにしても不自由することなく、常に安定した通信が可能です。

 

もちろん「UQモバイル」や「LINEモバイル」のように、通信速度の速さが売りの格安SIMもありますが、体感できる通信速度はほとんど変わりませんよ!

 

mineoの通信速度に関して、他社格安SIMやキャリアと比較してみたので、気になった方はチェックしてみてください!

 

4. DプランとAプランでパケットシェアはできるの?

結論から言うと、「できます!」

 

mineoではDプラン・Aプランどっちのプランでも1つのグループになって自分の回線を含め5回線までパケットシェアすることが可能です。

 

ちなみにパケットシェアのやり方は、mineoのマイページにログインし、「ご契約サービスの変更」→「パケットシェア変更」→"2回線目のパケットシェアメンバー利用番号"を入力→「次へ進む」→「申し込む」で完了です。

 

他にも、mineoはdocomo回線とau回線の2回線で契約できる数少ない格安SIM会社であることと、家族割や複数回線割などの割引サービスがあるため、家族などの複数人でmineoに契約することができるので、とってもお得です。

 

5. プラン変更はできるが注意が必要!!

mineoはAプラン・Dプランからもう一方のプランへプラン変更することができます。

 

変更するには、事務手数料として2,160円かかりますが、お使いの番号をそのままもう一方のプランに変更することができます。

 

また、回線切替が完了するまでの期間に違いがあるので、注意しましょう!

【Aプラン→Dプラン】プラン変更する

AプランからDプランにプラン変更する場合、プラン変更の申し込みを完了してから回線切替が完了するまでの数日間は、データ通信が行なえません。

【Dプラン→Aプラン】プラン変更する

DプランからAプランにプラン変更する場合は、データ通信が行えない時間は数十分だけでとても短いです。


回線切替中も電話やSMSは通常通り使えますし、Wi-Fi環境があればデータ通信もできるので、スマホが全く使えないわけではないので安心してください!

 

6. Dプラン・Aプランのメリット

Dプランのメリット

●docomo購入端末ならスマホがそのまま使える

●3G回線に対応しているから古いスマホがそのまま使える

●iPhoneでテザリングが使える

Aプランのメリット

●au購入端末ならスマホがそのまま使える

●Dプランに比べて音声通話SIMの利用料金が90円安い

●iPhone 6以前のiOS端末でもmineoが使える


Dプラン・Aプランで違ったメリットがありますね。使おうと思っている端末やスマホの使い方でプランを選んだほうが良さそうです。

 

【さらに詳しく!】mineoのメリットとデメリットをまとめてみた

 

7. まとめ

いかがでしたか?mineoのDプランとAプランについて徹底的に比較しました。

 

通信速度対決に関しては「Aプラン(au回線)」の勝ちでいいでしょう!ただ、利用料金やテザリングが使える端末の種類など、総合的に比べてみるとどちらもいい点があることが分かりました。

  • いまdocomoを使っている→Dプラン
  • いまauを使っている→Aプラン
  • いまSoftbankを使っている→好きな方
  • SIMロック解除済みスマホ→もともとの回線

どうしてもテザリングが使いたい!とかではない場合、基本的にはドコモの端末を使っている方はDプラン、auを使っている方はAプランを選びましょう。

 

また、SoftBank・SIMフリー端末を使っている方はどちらか好きな方を選ぶ必要があります。SIMロックを解除した端末は元々使っていた回線と同じ回線を選びましょう。

 

mineoは、独自SNS「マイネ王」や「パケットシェア」などのサービスに加え、お得なキャンペーンなども頻繁に開催しており、乗り換える人が急増しています!

 

もしmineo是非この機会に乗り換えてみてください!詳しい申し込み方法も当サイトで詳しくご紹介しています!

 

mineoの申し込み方法・手順・必要なものを徹底解説!

 

以上、mineoのDプラン・Aプランどっちがおすすめ?でした!詳細は公式HPをご覧ください!

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
700円〜 docomo
au
★5
(5.0)

関連キーワード :