1. 格安スマホちゃんねるTOP
  2. 格安SIMから探す
  3. 格安SIM会社(MVNO)から探す
  4. ≫ 【楽天モバイル】店舗契約よりウェブがおすすめ!必要なものや時間などを詳しく!

【楽天モバイル】店舗契約よりウェブがおすすめ!必要なものや時間などを詳しく!

楽天モバイル WEBと店舗比較

1. 「楽天モバイル」店舗では何ができるの?

楽天モバイルの店舗で、できることは下記の4つです。

・即日契約・端末の受取ができる

・MNP乗り換えにも対応

・端末を試すことができる

・中古端末の買取をしてくれる

・利用者登録・SIMサイズ変更ができる

楽天モバイルなどの格安SIM(MVNO)は、docomo・au・SoftBankなどのキャリアに比べて、店舗などにかかる人件費を抑えています。

 

そのため利用料金が安くても成り立っているわけですが、楽天モバイルは利用料金が安いのはもちろん、人件費をかけてでもサービス面を大切にしている格安SIMなのです。

 

そのため、SIMの申し込みはもちろん、端末の購入や、サポートが受けられる店舗を、東京や大阪だけでなく、全国各地に開いてくれています。

 

さらには、中古端末の買取までしてくれるので、必要ない端末があったら買い取ってもらうのもいいかもしれません。

①即日契約・端末の受取りができる

楽天モバイルの店舗では、docomo・au・SoftBankなどのキャリアのときと同様に、店舗にいるスタッフに相談しながら楽天モバイルの契約が行なえます。

 

何よりも、申し込み当日に端末の受取りができるのは嬉しいですね!

②MNP乗り換えにも対応

キャリアや他社の格安SIM会社から、電話番号を変えずに楽天モバイルに申し込むMNP乗り換えですが、楽天モバイルの店舗ではMNP乗り換えができます。

 

ただ自分でMNP予約番号を取得している必要があるのと、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるので注意が必要です。

③端末を試すことができる

全ての楽天モバイルの店舗で、気になる端末をデモ機で試すことができます。

 

格安スマホを初めて使う人もいると思います。気になる端末を実際に使ってみて、使いやすさやデザインなどを確認できるのはありがたいですね!

 

▶【楽天モバイル】人気おすすめの端末7選!

 

▶【楽天モバイル】SIMとセット2,000円で使える端末まとめ!

④利用者登録・SIMサイズ変更ができる

楽天モバイルのSIMは契約者しか使用できません。しかし、利用者登録を行えば契約者以外の家族や同居人の方もSIMを使用することができるようになります。

 

楽天モバイルの店舗では、簡単に利用者登録が行えるので、親が契約して18歳未満のお子様がSIMを使うなんてこともできます。

 

また、SIMサイズの変更もその場で行ってくれるので安心です。

⑤中古端末の買取をしてくれる?

楽天モバイルの店舗では以前、中古端末の買取を行っていたのですが、現在は行われておりませんので、ご注意ください。

 

2. 店舗契約にかかる時間は?

店舗契約をするのにどれくらい時間がかかるのでしょうか?

 

問い合わせてみたところ、1時間から1時間半で申し込むことはできるが、店舗の混雑状況によっては長引くこともあるそうです。

 

キャリアのときも契約は1時間で終わるものの待ち時間が異様に長かった思い出があります。長時間待つこともありえますね。。。

 

また、本人確認書類に不備があったりすると、家まで取りに戻らないといけないですし、あまりおすすめはできません。

 

ウェブ申込みですと最短10分で申し込めますし、自分の空き時間でサクッと申し込めるので、ウェブのほうがいいかと思います。

 

3. 店舗契約でも割引キャンペーンは使えるの?

楽天モバイルの強みは端末の品揃えに加えて、かなりお得にスマホが使えるキャンペーンがたくさん開催されていることです。

 

キャンペーンによっては、店舗申し込み限定やウェブ申込み限定のキャンペーンがあるので利用したいキャンペーンが店舗申込みでも適用されるのかチェックしてみましょう!

 

4. 「楽天モバイル」店舗で申し込み・契約をする方法!

①店舗契約に必要なもの

楽天モバイルの店舗で契約を申し込む場合、「本人確認書類」と「クレジットカードまたは、デビットカード」が必要になります。

<本人確認書類に使えるもの一覧>

・運転免許証

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)有効期限内であること

(3)公安印・顔写真が鮮明に写っていること

 

・運転経歴証明書

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)交付年月日が平成24年4月1日以降であること

(3)公安印・顔写真が鮮明に写っていること

 

・健康保険証+補助書類

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)健康保険証本体と補助書類のいずれか1つを持参する

※健康保険証と補助書類の氏名・住所が全て一致していること

※カード型の健康保険証の場合、裏面に住所が記載されていること

 

・日本国パスポート

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)有効期限内であること

※所持人記入欄に氏名及び住所が記載されていること

 

・住民基本台帳カード+補助書類

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)有効期限内であること

(3)写真付きのカードであること

(4)住民基本台帳カード本体と補助書類のいずれかひとつが必要

※住民基本台帳カードと補助書類の氏名・住所が一致していること

 

・身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・特別永住者証明書

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)有効期限内であること

 

・外国人登録証明書

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

※在留期間が分割払い契約期間に満たない場合、分割払いを利用できない場合がある

 

・在留カード

(1)氏名・住所・生年月日が申込内容と同じこと

(2)有効期限内であること

※在留期間が分割払い契約期間に満たない場合、分割払いを利用できない場合がある

<補助書類>

・公共料金領収書

(1)氏名・住所が申込内容と同じこと

(2)発行から3ヶ月以内であること

(3)電気・都市ガス・水道いずれかの公共料金領収書であること

※現住所の建物名や部屋番号等まで正しく記載されている必要がある

 

・住民票

(1)氏名・住所が申込内容と同じこと

(2)発行から3ヶ月以内であること

※住民票を取得する際には、マイナンバーの記載がないものが必要

※マイナンバーが記載されている書類を提出する場合、紙などでマイナンバーの箇所を隠した画像を用意する必要がある

 

・届出避難場所証明書

(1)氏名・住所が申込内容と同じこと

(2)発行から3ヶ月以内であること

<利用できるクレジットカード>

・楽天カード

・VISA

・MasterCard

・JCB

・American Express

・Diners Club

※端末の分割購入の際には、楽天カード、VISAカード、Masterカードが利用できます。

※楽天カード以外で端末を分割購入すると、各クレジットカード会社が定めた分割手数料がかかります。

②店舗一覧

ゲオやビックカメラ、ケーズデンキの中にも楽天モバイルの店舗はありますが、数が多いので楽天モバイルの店舗のみをご紹介します。

・楽天モバイル 秋田 イオンモール秋田店

・楽天モバイル 草加マルイ店

・楽天モバイル SmaPla川越モディ店

・楽天モバイル ららぽーとTOKYO-BAY店

・楽天モバイル 柏 高島屋ステーションモール店

・楽天モバイル 東京 八重洲地下街店

・楽天モバイル 銀座店

・楽天モバイル 錦糸町 テルミナ店

・楽天モバイル 葛西店

・楽天モバイル 渋谷公園通り店

・楽天モバイル 自由が丘店

・楽天モバイル 下北沢店

・楽天カフェ 二子玉川ライズ S.C.店

・楽天モバイル 中野さんモール店

・楽天モバイル 池袋 サンシャイン通り店

・楽天モバイル 大泉学園店

・楽天モバイル 吉祥寺サンロード店

・楽天モバイル 調布駅前店

・楽天モバイル 立川フロム中武店

・楽天モバイル 町田 ジョルナ店

・楽天モバイル グランツリー武蔵小杉店

・楽天モバイル SmaPla新百合ヶ丘オーパ店

・楽天モバイル マルイシティ横浜店

・楽天モバイル センター南 サウスウッド店

・楽天モバイル 横須賀中央 駅前店

・楽天モバイル ららぽーと海老名店

・楽天モバイル 西武東戸塚店

・楽天モバイル ミスターマックス湘南藤沢店

・楽天モバイル ららぽーと湘南平塚店

・楽天モバイル 小松 イオンモール店

・楽天モバイル モレラ岐阜店

・楽天モバイル ジョーシンギア各務原イオンモール店

・楽天モバイル 新静岡 駅前店

・楽天モバイル 浜松 メイワン店

・楽天モバイル 名古屋栄店

・楽天モバイル 鶴舞 イオンタウン千種店

・楽天モバイル京都 新京極通り店

・楽天モバイル 梅田 阪急三番街店

・楽天モバイル 心斎橋店

・楽天モバイル 千里中央 イオンSENRITO店

・楽天モバイル くずはモール店

・楽天モバイル 神戸三宮店

・楽天モバイル 姫路 グランフェスタ店

・楽天モバイル イオンモール岡山店

・楽天モバイル 広島 ゆめタウン広島店

・楽天モバイル イオンモール徳島店

・楽天モバイル フクオカ天神地下街店

・楽天モバイル 熊本 下通店

5. どっちの方がお得?徹底比較!

楽天モバイル WEBと店舗比較

 

docomo・au・SoftBankなどのキャリアと違って、格安スマホは実店舗(ショップ)が少なかったり、そもそも無かったりするのでWEBから申し込むのが一般的です。

 

しかし、他社の格安SIMサービスと比較しても、楽天モバイルは店舗(ショップ)の数が多く、全国各地に約100店舗あるので、インターネットだけでなく、実際に「楽天モバイルショップ」に足を運んで、申し込み・購入することができます!

 

それでは、WEB申込みと店舗(ショップ)販売のメリット・デメリットを比較していきましょう!

 

6. WEB申込みのメリット・デメリット

楽天モバイル 申し込み手順

○メリット○

●好きな時間に好きな場所から申し込める
●最短10分!待ち時間が無く短時間で済む
●WEB申込み限定の割引キャンペーンがある

✕デメリット✕

●料金プラン・SIMの種類などを自分で調べて決める
●端末を事前に試すことができない
●即日開通ができない

公式サイトからの申し込みは、好きなだけ考える時間があって、自分のタイミングで申し込めるのが良いですね。最短10分で簡単に申し込めます!待ち時間もないですし、セールストークに押されてよくわからないオプションをつけてしまう心配も無さそうです!

 

何よりも最大のメリットはWEB限定の割引キャンペーンです!通常の半額以下で最新の端末を買えることもあります!これは店頭には無いので常に注目しておきたいところ!

 

とは言え、料金プランやSIMの種類、端末など、必要な情報を全て自分で調べて決めなければいけないことを忘れてはいけません。端末のセット購入を考えている方は、実機を触らずに購入することになるので、口コミや評判はしっかり調べる必要がありそうです。

 

7. 店舗(ショップ)販売のメリット・デメリット

楽天モバイル リアル店舗

○メリット○

●スタッフの方に相談して申し込める
●即日開通!購入したその日から使える
●欲しい機種を触ってから購入できる

✕デメリット✕

●自宅近くに店舗がないことがある
●申し込みにかかる時間が長い
●状況によっては待たされる

店舗(ショップ)での申込みでは、スタッフの方にプランやSIMの種類など、わからないことや不安なことを相談しながら一緒に申し込めるのが最大のメリットでしょう!気になる端末を実際に見て触って選べるのも魅力です!

 

また、申し込んだその場で端末とSIMを受け取れるので、その日からすぐに使い始めることができるのも嬉しいですね!

 

しかし、店舗を利用したいと思っても、自分の家の近くにない場合は困りますね。実店舗に行ってみても、欲しい端末が無く結局取り寄せになることもありますし、週末はやはり混み合うので待ち時間も気になるところです。

 

8. 結論:WEB申込みの方がおすすめ・・・?

イッチ
WEB申込みと、店舗(ショップ)販売のメリットとデメリットを比較してきましたが、

総合的に見て『WEB申込み』がおすすめです!

 

WEB限定の割引キャンペーンが最大のメリットですね。欲しい端末がキャンペーン対象であれば、逃す手はありません!初期費用をグっと抑えることができるでしょう!

 

自分で必要事項を調べたり、届いた後の初期設定も自分でする必要がありますが、楽天モバイルのプランはわかりやすくシンプルですし、端末セットで購入することで初期設定も不要になります!

 

「スタッフの人に色々相談したい!」「端末を触って選びたい!」と思う人は、リアル店舗に行ってから、WEB申込みをするのも良いかもしれません!

 

どちらも良いところ・悪いところがありますが、自分に合った方を選んで、楽天モバイルで格安スマホデビューをしてみましょう!

 

ウェブ申し込みのやり方・手順は下記リンクで詳しくご紹介していますよ!

 

会社名 最安料金 利用回線 おすすめ度
525円〜 docomo ★5
(5)

関連キーワード :