1. 格安スマホちゃんねるTOP
  2. 格安スマホ・SIM入門
  3. 格安スマホ・SIMとは?
  4. ≫ 【初心者必見】格安スマホ・格安SIMのメリットとデメリットまとめ

【初心者必見】格安スマホ・格安SIMのメリットとデメリットまとめ

  • 最終更新日:2017年9月20日
    • 210views

格安スマホ・格安SIMメリットデメリット

格安スマホ・格安SIMには毎月のスマホ料金がググっと安くなるというメリットがありますが、その安さの裏側はデメリットがあるのでは?と、気になりますよね。そこで今回はキャリアと比べたときの格安スマホ・格安SIMのメリットとデメリットを徹底解説していきます!

1.「安かろう悪かろう」ではありません!

イッチ
"格安"という言葉にマイナスイメージを持たないで下さい!

 

"格安"と聞くと「品質は?ちゃんと使えるの?」とか「すぐ壊れちゃうんじゃない?」とかネガティブな印象を受けると思います。

 

僕も「サクサク動画見れるのかな~?」「ちゃんと電話通じるのかな~?」など考えていましたが、実際に使ってみると余計な心配をしていたことがわかりました(笑)。

 

利用料金は"格安"になって、docomo・au・Softbankなどのキャリアと同じように不便なく使えています!1週間で壊れて使えなくなる...なんてこともありませんよ!!

 

2. 格安スマホ・格安SIMのメリットは?

①月額料金が安い!

格安スマホで節約

なんと言っても月額料金の安いことです。MMD研究所の調査によると、docomoやau、Softbankを使っている人の月額平均料金は7,433円に対し、格安スマホユーザーの平均は2,957円だとわかっています。平均値だけ見ても、約5,000円の差があるのです。

 

毎月スマホ料金にいくら払っていますか?使い方によっては10,000円を超えている人もいるとおもいますが、格安SIMに乗り換えれば、確実に今よりも安くなります!年間で1人あたり60,000円も節約できちゃいます!

 

★格安スマホ・格安SIMに変えたらどれくらい安くなる?詳しくはこちらから

②キャリアと同じ回線を"格安"で!

格安SIMはキャリアから回線を借りている

格安SIM会社は、大手キャリアの通信回線を借りて、私達に"格安"で提供してくれています。極端に言ってしまうと「大手キャリアで毎月7,000円も8,000円も払っている人」と「格安SIM会社で月々1,000~2,000円以下の人」とで使っている回線は同じなのです。

 

"格安"だからと言って、繋がりにくいなんてことはありません!ちゃんと4G/LTE対応の高速通信だって対応しています!

 

支払っている金額にかなりの差があるのに使っている回線が一緒って、キャリアを使っている人からするとちょっと悲しくなってきますよね....「だったら絶対に格安SIMの方がいい!」と思っちゃいます。

③自分にあったプランを自分で選べる!!

キャリアと比べて、格安SIMの料金プランはシンプルでわかりやすいのが特徴です。なので、初心者の方でも安心して自分にあったプランを選ぶことができるハズです。

  • 090 080 (070)で始まる番号での音声通話が必要か?
  • 自分が1ヶ月にどれくらいスマートフォンを使うか?

最適な料金プランの選び方はこの先で詳しく紹介していますが、最低限この2つを押さえておけばOK!あとは、自分に必要だと思うオプションを付けて申し込むだけです!

 

キャリアの場合、プラン内容がそもそも複雑です。店員さんに聞かないとわからないことも多いです。身に覚えのないオプションに入っていたり、いざ請求書を見ても、よくわからない項目にお金を払っていることも...。

※しかも大事なことのほとんどは、ちょっと下の方に小さい文字で書いてありますしね...

 

その点、格安SIMはシンプルな料金プランに加えて、自分のライフスタイルや使い方に合わせて自分でプランを決めるので、請求金額にも納得できますし、安くなった満足感も得られるでしょう。

 

★【初心者向け】格安SIMの最適な料金プランの選び方!詳しくはこちらから

④いわゆる"2年縛り"がない!

docomo・au・Softbankユーザーであれば、ほとんどの人がいわゆる「2年縛り」で契約をしていると思います。2年間はそのキャリアを使う代わりに、その期間は一定金額を毎月割り引いてくれるやつです。この期間中に解約をすると違約金で10,000円前後かかってしまいますね。

 

格安SIMの場合、最低利用期間は数ヶ月~長くても1年間程度。キャリアと違って、最低利用期間を使い終われば、それ以降はいつでも解約することができます!もちろん違約金も発生しません!また、最低利用期間(縛り)が無いプランもあるので、自由に乗り換えたり解約することができちゃいます!

イッチ
ここでキャリアの"2年縛り"についてちょっとだけ解説させてください!

ほとんどの人が「2年間使えばそれ以降は、違約金なしいつでも解約&機種変更できる~♪」って思っているかもしれませんが、これは大きな間違いです。

 

2年縛りってそんな甘いものじゃありません

 

キャリアの2年縛りについて

 

2年縛りが終わった後の2ヶ月間を更新月と言い、キャリアの場合、この更新月の間に他社に乗り換えないと契約が自動更新され、端末代金を払い終わっていても、自動的に再び2年間縛られることになります。

 

更新月を逃して、それ以降に解約しようとすると違約金がかかります。違約金無しで解約するには、2年ごとにやってくる2ヶ月間の更新月しか無いのです。

 

みなさんご存知でしたか?大手キャリアは一度確保したユーザーを絶対に離さないように、このようなことをしているですね。長年使い続けていると気づかないかもしれませんが、知らない間に、あなたはキャリアに縛られ続けているかもしれません...

 

3. 格安スマホ 格安SIMのデメリットは?

①通信速度が遅い?

 

ハッキリ言って、キャリアと比べると格安SIMの通信速度は遅いです。いくら同じ回線を使っているからと言って、残念ながらキャリアと同じスピードがでるわけではありません。
※圏外になってしまうなど繋がらないわけではなく、通信速度が遅いと言うことです。

 

特に、大勢の人がスマートフォンを使う時間帯(通勤時間/昼休み/帰宅時間)は通信回線が混み合うので、キャリアと比べると通信速度が落ちてしまうでしょう。

 

ただ、補足するのであれば「遅い」と言っても【スマホが全然使えないレベルで遅い】わけではありません。【普通に使えるけどキャリアのような速度がでない】という話です。

 

やはり、キャリアのような通信速度(快適度)を格安SIMには求めてはいけません。もし仮にキャリアの快適度を10とするならば、格安SIMは7とか8くらい。逆にキャリアが快適過ぎました。

 

通信速度に関しては、利用する環境や場所、端末にも左右されるので「格安SIMは遅いからキャリアの方が良い」と決めつけるのは、すごくもったいない!キャリアよりスピードが出ることだってあるんです!

 

僕もキャリアから格安SIMに乗り換えましたが、使い勝手は本当に変わりません!ストレスフリー!月額料金が半額以下になることを考えると、納得のクオリティだと僕は思います。

②キャリアメールが使えない!

キャリアメールが使えない

キャリアメールとは「@docomo.co.jp」とか「@ezweb.ne.jp」などの、各社が独自で提供しているメールアドレスのことです。キャリアを解約して格安SIMに乗り替えると使えなくなってしまいます。

 

そのため、家族や友人、会社の人との連絡手段にキャリアメールを使っている人にとってはデメリットになってしまいます。

 

しかし、今となっては「LINE」などのトークアプリで連絡をする人がほとんどだと思いますし、

 

どうしてもメールがしたい人は格安SIMに乗り替えるのと一緒に「Gmail」や「Yahoo!メール」などの無料で使えるメールサービスに乗り換えればOK!今まで連絡していた人と変わらず連絡が取れるように準備だけしておきましょう!

 

キャリアメールをどうしても使いたいと言う人は、キャリアを使えばいいですが…。キャリアメールが使えないことは、大きなデメリットでは無さそうですね。

③通話料金が高い!

格安SIMは通信料金が劇的に安いと言う、最大のメリットと引き換えに、キャリアと比べると通話料金がちょっと高めです。格安SIMの通話料金はどこの会社も基本的に30秒/20円に設定されています。

 

キャリアの場合、同じ会社同士であれば通話無料だったり、かけ放題プランもあるので、料金を気にする必要はなかったですが、格安SIMで何も考えずに通話をしてしまうと、思いもよらない金額になってしまうことも。1時間電話をすると2,400円ですからね。

 

なので、音声通話を頻繁に利用する人には格安SIMは向かないかもしれません。

 

 

と、言いたいところですが、今はそんなことありません。

 

現在、ほとんどの格安SIM会社がかけ放題プランを展開していたり、無料通話時間があったり、デメリットのカバーができています!通話料金を半額もすることもできるのです!

 

電話を頻繁に使う人にとって、通話料金が高い格安SIMは、乗り替えるための大きなハードルになっていましたが、どこの会社もしっかり対策しているんですね。

 

また、家族や友達との電話であれば、ほとんどの人が「LINE」を使っていると思いますし、スマホで長時間の電話をすること自体が少ないというデータがあります。50%以上の人が1ヶ月に10分も電話をしていないのです。

 

スマホであまり電話はしない

 

普段から電話を使わない人にとっては、通話料金の高さは問題ないですし、電話を使う人に向けたプランやオプションがたくさんあるので、これもデメリットにはならなそうです。

 

ちなみに、通話の品質が悪いのでは?という懸念点もあるかもしれませんが、通話には電話回線を使うので、キャリアと品質は変わりません!

④サポートが手薄い?

キャリアの場合、なにかトラブルがあったりわからないことがあったら、お店に駆け込むことができますが、格安SIMはそうはいきません。

 

キャリアのように格安SIM会社は全国各地にショップはないので、なにかあったら電話やメールで問い合わせる必要があります。なので、少々不便を感じるかもしれません。

 

ただ、格安SIM会社にはチャットサービスがあります。公式HP上で専門のオペレーターがリアルタイムで対応してくれます!電話では無いので気軽に質問できますね!

 

僕も実際にチャットで質問をしてみましたが、迅速に対応してくれました。あいまいな質問でも、意図を汲み取って、解決策を教えてくれましたよ!

 

チャットサービスを提供する格安SIM会社も増えており、仕事が終わった後でも問い合わせられるように、受付時間を広げて、割りと遅くまで対応してくれます

 

また、格安SIM会社によっては徐々に店舗も拡大しており、家電量販店の中に販売スペースを作っていることも!何か合った時の駆け込み寺が近くにないのは不安かもしれませんが、格安SIMでも変わらずサポートを受けることができそうです

 

⑤初期設定は自分でやる

初期設定は自分でやる

 

格安SIMはほとんど場合、インターネットを通じて各社の公式HPから申し込むことになります。その後、家に届いてそのまますぐに使うことはできません

 

キャリアで購入すると使える状態にして渡してくれますが、格安SIMの場合は自分で初期設定をしなければいけないのです。ちなみに、ここで言う初期設定とは「APN設定」と言い、SIMカードを通信回線に繋いであげる作業のことを言います。

 

設定作業自体は難しいものではありません!マニュアルもちゃんと付いてきますし、公式HPを見れば丁寧に解説してくれていますし、先程紹介したチャットサービスでも質問をすることができます!

 

どうしても不安と言う方のために、端末と格安SIMのセット購入がオススメです!初期設定を済ませて、すぐに使える状態で送ってくれるので、初心者の方でも安心です!

⑥LINEのID検索が使えない

LINEのID検索が使えない

 

「LINE」で連絡先を追加する方法はいくつかありますが、格安SIMだとID検索を利用した友達の追加機能が使えません。ID検索するには年齢認証が必要なのですが、格安SIMでは対応していません。

 

QRコードふるふるなど、他にも連絡先を追加する方法はあるので、不便にはならなそうですが、「ID検索」を頻繁使っている人にはデメリットになりそうです。

 

どうしても「ID検索」が使いたい人は、LINEが提供している格安SIM『LINEモバイル』がおすすめ!『LINEモバイル』ならば年齢認証ができるので「ID検索機能」が使えます!

 

⑦クレジットカードが必要!

格安スマホにはクレジットカードが必須!

 

格安SIMを申し込むには本人名義のクレジットカードが必要です。また、支払い方法もほとんどの会社がクレジットカード決済です。本人確認をしたり、月額料金の滞納を防ぐためです。

 

なので、クレジットカードを持っていなかったり、持っているけど使いたくない人にとっては、残念ながら大きなデメリットになってしまいます。

 

とは言え、まだまだ一部ですが、クレカ以外の支払い方法にも対応してくれる格安SIM会社もあるので「どうしても…」という人でも、選択肢があるので安心してください。

 

クレジットカード以外だと、デビットカード支払いや、口座振替ができますよ!

 


以上が格安SIMのデメリットです。「え?これだけ?他には?」って感じた人もいるのではないでしょうか?でも、いま紹介した7つが格安SIMのデメリットの全てです。人によっては「全然デメリットに感じなかった!」なんて人もいるハズ。

 

もちろん、これらのデメリットを見て「絶対に無理!」と思った人はキャリアのほうがいいかもしれませんが、docomo・au・Softbankには「料金がとにかく高い」と言う最大のデメリットがあります。

 

とは言え、デメリットとして紹介したモノでも、対策している格安SIM会社を選べば解消できるし、きっと「絶対に変えたくない!」なんて言う、クリティカルなデメリットはないと思います!

 

4. まとめ

最後に、キャリアと格安スマホ・格安SIMの違いを比較してまとめてみました!!

 

格安スマホ
格安SIM
キャリア
会社 たくさんの格安SIM会社から自分に合ったものを選べる メインのdocomo・au・Softbankからしか選べない
プラン シンプルでわかりやすい
自分に合ったプランを選べる
複雑でわかりにくい
プランの数も少ない
通信料金 安い
1,000~2,000円で収まる
高い
ほとんどの人が8,000円以上
通話料金 基本的に30秒/20円
(かけ放題プランもある)
基本的にかけ放題プラン
同じ会社なら無料
通信速度 普通に使えるがキャリアに比べると遅い 快適なほど速い
キャリアメール 使えない
各社のドメインかフリーメールを使う
問題なく使える
LINE ID検索 使えない
LINEモバイルなら使える
問題なく使える
縛り 半年~長くて1年
終了後はいつでも自由に乗り換えできる
2年間
更新月に乗り換えないと縛られ続ける
サポート 店舗や窓口も増えてきているが、チャットや電話での問い合わせが主流 全国各地に店舗あるので何かあった時は安心
クレジットカード 契約するのに必要
支払いにも基本的に必要(一部不要な会社もある)
基本的に口座引き落としor振込で対応

 

どんなものにもメリットがあれば、デメリットがあるものです。1番ダメなことは"安さ"だけに注目してしまうこと。

 

「デメリットを知らないで変えたら失敗した!」なんてことにならないように、メリットとデメリットをきちんと理解して起きましょう!